サーバーにデータを送るためのformタグについて学んでいきます。 基本的なフォーム部品については別記事で改めて部品ごとに解説していきます。 formタグの基本は、HTTPメソッドの指定、データの送り先を決めるだけです。

HTMLのフォームタグ

1年以内に更新されました。
更新日 : 2019年03月18日

サーバーにデータを送るためのformタグについて学んでいきます。

基本的なフォーム部品については別記事で改めて部品ごとに解説していきます。
formタグの基本は、HTTPメソッドの指定、データの送り先を決めるだけです。

formタグの基本

<form method="HTTPメソッド" action="このフォームデータの送り先パス">

ここにform部品を並べる
テキスト入力部品やボタンやチェックボックスなど

</form>

基本的なformはこれだけです。

method属性

メソッド属性にはHTTPメソッドを記載します。POSTまたはGETのどちらかです。HTTPメソッドに関してはHTTPのGETメソッドHTTPのPOSTメソッドを参照してください。

GETを指定した場合にはフォーム部品にて入力されたデータがGETパラメータで送信されます。

action属性

アクション属性にはデータの送り先を指定します。

これはHTMLの内部リンク形式で指定すれば、入力されたデータがそのファイルへ送信されます。

例えば、/php/form-test.phpにPOSTメソッドでデータを送信したい場合には以下のようにformタグを記載します。
<form method="POST" action="/php/form-test.php"> 〜〜 </form>となります。

アクション属性にはHTMLのリンク形式で指定できます。内部のサーバーにデータを送りたい場合がほとんどですので、相対パス形式での記載になるかと思います。


タグ