セキュリティの分野で広く利用される暗号化や復号についての説明です。 暗号化とはデータの内容を他人が見たときにわからなくするための方法です。 また逆に暗号化されたデータを元のデータ(平文)に戻すことを復号と言います。 暗号化されたデータだけを見ても、元のデータがどんなものかがわからなくなります。そして本人または元のデータを見る許可を与えられた人が復号をし、元のデータを見ることができます。

暗号化・復号とは

1年以内に更新されました。
更新日 : 2019年08月09日

セキュリティの分野で広く利用される暗号化や復号についての説明です。

暗号化とはデータの内容を他人が見たときにわからなくするための方法です。
また逆に暗号化されたデータを元のデータ(平文)に戻すことを復号と言います。

暗号化されたデータだけを見ても、元のデータがどんなものかがわからなくなります。そして本人または元のデータを見る許可を与えられた人が復号をし、元のデータを見ることができます。

暗号化の仕組み

暗号化をするときの仕組みを簡単に説明します。

暗号化する際には暗号鍵というものを利用します。日常生活で利用される鍵と同様に他人に渡ると困るデータで、データの持ち主本人またはデータを受け取る権利を持っている人間が暗号鍵のデータを持つことで、暗号化されたデータを復号できます。

暗号鍵の代表的な方式として、共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式があります。

以下の画像が暗号化の大まかな仕組みです。

暗号化する際には、暗号化するためのシステム(アルゴリズム)に鍵データと元のデータを渡します。

システムに鍵データと元のデータを渡すと、システムに応じて暗号化されたデータが生成されます。

暗号化されたデータを復号したい場合には、同じ暗号化システムに、鍵データと暗号化されたデータを渡すことで、元のデータに復号できます。

暗号化するためのシステムはいくつかの有名なアルゴリズムが利用されるため、鍵データが重要な役割を果たします。

暗号化するためのシステム自体は公開されているため、鍵データが外部に漏れると暗号化されたデータを簡単に復号できてしまいます。そのため鍵データの管理は厳重にしておかなければなりません。