コンピュータの基礎プログラムのこと。通常私達が使っているマウスや、画面の文字の表示、その他人間が扱う部分の機能を提供しています。 キーボードを利用した文字の入力や入力した文字のファイル保存、保存されているファイルの画面出力(画面表示)等の人間がコンピュータを扱うための基本機能を提供します。

OSとは

3年以内に更新されました。情報が古い可能性があります。
更新日 : 2018年12月15日

コンピュータの基礎プログラムのこと。通常私達が使っているマウスや、画面の文字の表示、その他人間が扱う部分の機能を提供しています。

キーボードを利用した文字の入力や入力した文字のファイル保存、保存されているファイルの画面出力(画面表示)等の人間がコンピュータを扱うための基本機能を提供します。

OSの役割

基本的なOSの役割をいくつかご紹介します。

  • 入出力の制御
    入出力とは、画面へのデータの表示(出力)やキーボードでのデータの挿入(入力)などを指します。コンピュータにデータを伝えることを入力、コンピュータからデータをもらったり、コンピュータのデータを表示することを出力といいます。
    こちらの記事を閲覧することができるのは、OSがデータを表示しているから文字を読むことができます。
  • アプリケーションの管理
    普段利用しているインターネット上のサイトを閲覧するためのブラウザアプリケーション・カレンダーアプリ等のたくさんのアプリケーションの管理をしています。
    スムーズにアプリケーションが切り替わったり、すばやく起動・終了ができるのはOSが動作しているおかげです。
  • ファイル管理
    普段利用している階層構造で見ることができるファイルもOSで管理されています。
    ファイルシステムなどとも言います。

これらのOSの機能によって普段利用する使い勝手の良い操作感を得られています。