仮想環境構築ツールとしてVirtualboxを紹介・インストールしました。 仮想環境構築ツールとしてVirtualboxなどをインストールすれば、CPU・メモリの容量などを仮想環境ごとにPCの画面上で設定することができます。 PCで設定できると言っても、それすらもイマイチわからない利用者や、複雑な複数の設定項目を仮想環境ごとに毎回設定したり、難しいネットワーク部分の設定をするのは大変です。 さらにエンジニアの目線で言えば、複数の開発エンジニアに仮想環境の設定項目を指示し、みんなが同じ仮想環境を作るというのはミスの可能性が高まり全く同じ仮想環境が作成できない危険性があります。 そこで利用されるのがVagrantです。Vagrantを利用すると、仮想環境構築のための設定ファイル(Vagrantfile)を1つ作成し、特定のコマンドを1つ実行するだけで設定ファイルに基づいた仮想環境を一発で作ってくれます。 複数のエンジニアに仮想環境を作成してもらうときも、先程の設定ファイル1つをエンジニアたちに共有すれば、ファイルを受け取ったエンジニアたちもコマンド1つで全く同じ仮想環境を作成することができます。 設定ファイルさえあれば仮想環境を壊して再度立ち上げるのも簡単です。 Vagrantを簡単に言うと、仮想環境の設定自動化ツールと言えるでしょう。

Vagrantとは

3年以内に更新されました。情報が古い可能性があります。
更新日 : 2019年08月23日

仮想環境構築ツールとしてVirtualboxを紹介・インストールしました。

仮想環境構築ツールとしてVirtualboxなどをインストールすれば、CPU・メモリの容量などを仮想環境ごとにPCの画面上で設定することができます。

PCで設定できると言っても、それすらもイマイチわからない利用者や、複雑な複数の設定項目を仮想環境ごとに毎回設定したり、難しいネットワーク部分の設定をするのは大変です。

さらにエンジニアの目線で言えば、複数の開発エンジニアに仮想環境の設定項目を指示し、みんなが同じ仮想環境を作るというのはミスの可能性が高まり全く同じ仮想環境が作成できない危険性があります。

そこで利用されるのがVagrantです。Vagrantを利用すると、仮想環境構築のための設定ファイル(Vagrantfile)を1つ作成し、特定のコマンドを1つ実行するだけで設定ファイルに基づいた仮想環境を一発で作ってくれます

複数のエンジニアに仮想環境を作成してもらうときも、先程の設定ファイル1つをエンジニアたちに共有すれば、ファイルを受け取ったエンジニアたちもコマンド1つで全く同じ仮想環境を作成することができます。

設定ファイルさえあれば仮想環境を壊して再度立ち上げるのも簡単です。

Vagrantを簡単に言うと、仮想環境の設定自動化ツールと言えるでしょう。