バリデーションは、大雑把に言うと入力チェックです。 人間が入力した内容や送ってきたデータが要件を十分に満たしているかを確認するのがバリデーションです。

バリデーションとは

3年以内に更新されました。情報が古い可能性があります。
更新日 : 2019年07月13日

バリデーションは、大雑把に言うと入力チェックです。

人間が入力した内容や送ってきたデータが要件を十分に満たしているかを確認するのがバリデーションです。

バリデーションの必要性

プログラムが実際にリリースされたあと、プログラムを使うのは人間です。

また、プログラムは人間が入力したデータを登録したり利用したりします。データベースなどを利用する場合には、データベースのカラム設定に応じたデータを登録しないとエラーになってしまいます。

プログラムにとってエラーはプログラムが停止してしまう原因になります。

人間が入力した内容が正しいかをバリデーションを行いチェックすることで、プログラムのエラーなどを避ける目的で利用されます。