Homebrewのインストールは簡単です。公式サイト通りにインストールしてみましょう。

Homebrewのインストール

3年以内に更新されました。情報が古い可能性があります。
更新日 : 2020年09月04日

Homebrewのインストールは簡単です。公式サイト通りにインストールしてみましょう。

Homebrewのインストール

Homebrewインストール前にXcodeのインストール

Homebrewは、XcodeというmacOSやiOSアプリ開発IDEのコマンドラインツールが必要です。

App StoreからXcodeをダウンロード、インストールしておきましょう。

Xcodeのコマンドラインツールのインストール

Xcodeのインストールが完了したら、Xcodeのコマンドラインツールを別でインストールしなければいけません。

まずターミナルアプリを開きましょう。

ターミナル起動後、以下のコマンドを貼り付けて、Enterを押します。

$xcode-select --install

すると、以下のようなインストール許可の画面が表示されます。

インストールを押して、インストールを完了しましょう。

すでにインストールが終了している場合には以下のように表示されます。その場合には次の項へ進みましょう。

xcode-select: error: command line tools are already installed, use "Software update" to install updates

ようやくHomebrewのインストール

Xcodeのコマンドラインツールのインストール完了後、いよいよHomebrewのインストールです。ターミナルを起動したまま進めましょう。

そして、公式サイトにある以下のコマンドをターミナルに貼り付けます。
貼り付けたらEnterを押して待ちましょう。

$/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

Press RETURN to continueと表示されたら、「Enter押せばインストール続けるよ」というメッセージなので、Enterを押してさらに待ちましょう。

場合によってはmacのパスワードを要求されます。ターミナル上でパスワード情報を入力する場合には、画面上にはパスワードが表示されませんが、キーボードで入力した内容はしっかり反映されています。パスワード入力後、Enterを押しましょう。

==> Installation successful!

このような文字が出てくればインストールは完了です。

確認

一応適切にインストールされたか以下のコマンドで確認します。

$brew --version
#以下のようにバージョン情報が表示される
Homebrew 2.2.13
Homebrew/homebrew-core (git revision 0a275; last commit 2020-04-20)

このようにバージョン情報が出力されればOKです。