代入演算子、代数演算子(算術演算子)の処理をまとめて行う際に利用できる複合演算子についてです。使い方もまさに代入演算子と代数演算子を複合させた用に利用できるのが特徴です。

複合演算子とは

3年以内に更新されました。情報が古い可能性があります。
更新日 : 2018年06月05日

代入演算子代数演算子(算術演算子)の処理をまとめて行う際に利用できる複合演算子についてです。使い方もまさに代入演算子と代数演算子を複合させたように利用できるのが特徴です。

複合演算子

代数演算子の計算をしつつ、代入も行うという処理なので、代数演算子の種類と同じように処理が5種類あります。以下のPHPコードを見てみましょう。

<?php
// 10からスタート
$x = 10;

//まずは10のまま出力
echo $x;
echo "<br>";

// 加算
$x += 3;

// 結果は13(10 + 3)
echo $x;
echo "<br>";

// 減算
$x -= 3;

// 結果は10(13 - 3)
echo $x;
echo "<br>";

// 乗算
$x *= 3;

//結果は30(10 * 3)
echo $x;
echo "<br>";

// 除算
$x /= 3;

// 結果は10(30 / 3)
echo $x;
echo "<br>";

// 除算の余り
$x %= 3;

// 結果は1(10 ÷ 3 = 3 … 1)
echo $x;
echo "<br>";
?>

見ていただけるとわかるかと思います。代数演算子の通常の記号の次に=の代入演算子を書くだけです。

このように書くことによって元の変数$xの値と複合演算子の右側の値を計算し、結果をそのまま$xに代入し直すことができます。

これらの使い方は以下の使い方と同様です。

  • $x += 3$x = $x + 3
  • $x -= 3$x = $x - 3
  • $x *= 3$x = $x * 3
  • $x /= 3$x = $x / 3
  • $x %= 3$x = $x % 3

簡単に書くことができるというだけなのでどちらを利用しても構いません。