ドメインについての記事でDNS(Domain Name System)についての簡単な解説をしました。ドメインはIPアドレスと紐付けアクセスを楽にしたり、メールを送受信するために利用されます。 そのドメインとIPアドレスを紐付けているのがDNSであり、DNSを提供するDNSサーバーになります。 DNSレコードとは、ドメインとIPアドレスを紐付けるためにDNSサーバーに登録するデータのことです。DNSレコードを適切に設定することにより、ドメインとIPアドレスを紐付けたり、メールを送受信するためのドメイン登録をすることができます。

DNSレコードとは

3年以内に更新されました。情報が古い可能性があります。
更新日 : 2019年11月06日

ドメインについての記事でDNS(Domain Name System)についての簡単な解説をしました。ドメインはIPアドレスと紐付けアクセスを楽にしたり、メールを送受信するために利用されます。

そのドメインとIPアドレスを紐付けているのがDNSであり、DNSを提供するDNSサーバーになります。

DNSレコードとは、ドメインとIPアドレスを紐付けるためにDNSサーバーに登録するデータのことです。DNSレコードを適切に設定することにより、ドメインとIPアドレスを紐付けたり、メールを送受信するためのドメイン登録をすることができます。

DNSレコードとは

上記の説明どおり、DNSレコードはDNSサーバーに登録するためのデータのことです。

メールに利用する場合や単純にドメインとIPアドレスを紐付ける場合など、DNSレコードにも種類が存在します。

DNSレコードの種類

DNSレコードは用途に応じていくつか種類が存在します。下記に簡単な解説付きで表にしています。

種類解説
AレコードドメインとIPアドレスを紐付けるレコード。AddressのA。
AAAAレコードAレコードと同様にドメインとIPアドレスを紐付けるレコード。ただしIPv6アドレス用。IPv4アドレスが32bitなのに対して、IPv6アドレスは128bitなので4倍、だからAAAA。
CNAMEレコードドメインとドメインを紐付けるのに利用される。要はドメインの別名登録。IPアドレスを指定することも可能。シーネームと読む。CはCanonicalの略。
MXレコードメールサーバー用。ドメインに対するメールの送信先を指定するレコード。CNAMEと似た形式で指定する。MXはMailExchangerの略。
TXTレコードドメインに対してテキスト情報を提供するレコード。ドメインの所有者であることを証明する場合などに利用される。

DNSサーバーにこれらのDNSレコードを適切に設定してあげることにより、IPアドレスとドメインを紐付け、ドメインでのサーバーへのアクセスを可能にします。

DNSサーバーはレジストラが運営していることがほとんどで、ドメインを取得したレジストラを運営しているWEBサイトにアクセスし、フォームからDNSレコードを簡単に登録することができます。

詳しいDNSレコードの登録に関しては、別記事で解説します。