今回はプログラミングにおいて計算や比較を行うために使用される演算子を一通りご紹介します。ほぼすべてのプログラミング言語で同じような記号を使用することが多いため、プログラミングカテゴリーの一部としてご紹介します。

演算子とは

3年以内に更新されました。情報が古い可能性があります。
更新日 : 2018年06月05日

今回はプログラミングにおいて計算や比較を行うために使用される演算子を一通りご紹介します。

ほぼすべてのプログラミング言語で同じような記号を使用することが多いため、プログラミングカテゴリーの一部としてご紹介します。

演算子の種類

演算子にも役割によっていくつかの種類が存在します。

  • 代入演算子
    変数などに代入処理を行いたいときに使用する演算子です。
    主に=(イコール)が使用されます。
  • 代数演算子(算術演算子)
    小学校で習う四則演算を行うために使用されます。足し引き掛け割りと、割った時の余りを示す演算子の計5つが主に存在します。
  • 複合演算子
    上の代数演算子と代入演算子の複合処理を行うことができます。計算しつつ代入する処理が必要な場合に重宝されます。
  • 比較演算子
    条件を比較したい場合に使用される演算子です。これを使用することによって、変数内の値が同じかどうかを確かめたり、どちらの数字の方が大きいかの判定をしてくれるようになります。
  • 論理演算子
    比較演算子と組み合わせて使用されることも多い演算子です。「どちらも正しい」「どちらかが正しい」という条件を処理してくれます。詳しくは後述します。

上記5つが主にプログラミング言語において必要な演算子です。
これらの処理をPHPを使用して例として説明していきます。

解説がかなりの行数使ってしまったので別記事でご紹介します!詳細は上のリンクからどうぞ!